英語表現「I’m with you.」の意味や使い方、例文をご紹介

I'm with youの意味を表した図

本記事では、「I’m with you.」の意味や使い方を例文付きでご紹介していきます。

「I’m with you.」は、大きく3つの使い方がある便利なフレーズです。

相手と物理的に一緒にいる場合相手に同意する場合など、使えるシチュエーションが多いため、シチュエーションごとの使い方を理解して、相手に「I’m with you.」と言われたときに理解できるようにしておきましょう。

それでは、意味と例文を確認していきましょう。

目次

「I’m with you.」の説明

「I’m with you.」には、大きく3つの意味があります。

実際に誰かと一緒にいる場合

こちらは、フレーズの直訳とほとんど同じですが、物理的に誰かと一緒にいる場合に使われます。

相手に同意する場合

相手に同意したいときにも使うことができます。

比喩的な表現で、相手の考え方やアイディアと一緒にいるようなイメージです。

「I’m with you on ~」のようにonを付けることで「〜については同意する」という意味になります。

「Me too.」と同じ意味ですね!

いつもついつい「Me too.」を使ってしまうという方はぜひこの表現も使ってみてください!

「Same here.」「I agree.」など同意を表す表現は他にもありますが、他の表現はもし要望があれば別の回で紹介します。

相手をサポートする場合

相手を精神的にサポートする場合にも使われます。

相手に寄り添うイメージです。

「I’m with you.」を使ったやり取りの例

I do not think I can deal with this assignment!
この課題を何とかできると思えない!

Yeah, I’m with you! It’s really hard!
うん、同感だ! すごく難しいね!

How about asking John? He is smart, so I suppose it is easy for him.
ジョンに聞いてみるのはどう?彼は頭が良いから彼には簡単だと思う。

「I’m with you.」を使ってみよう!

本記事では、「I’m with you.」の使い方を例文付きでご紹介しました。

「I’m with you.」は使い方も3パターンあり、相手をサポートしたり、相手の意見に同意したりと、とても便利なフレーズです。

「Me too.」を多用してしまっている方は、ぜひ使ってみてください。

また、TOEICに特化した学習をしたい方や、オンライン英会話をお探しの方スピーキングを伸ばしたい方に向けて、それぞれ情報提供を実施しているため、ぜひそちらもご覧いただけると嬉しいです。

SNSアカウントのご案内

気になる点や試してみて欲しいコンテンツのリクエスト等ありましたら、お気軽にTwitterInstagramからお問い合せください。

英会話に役立つフレーズのご紹介英語の勉強方法(英検、TOEIC、英会話などなど)その他英語に関するお役立ち情報などを更新しています。

Instagram:
ID: @otterenglish_official
https://www.instagram.com/otterenglish_official/

X (旧Twitter):
ID: @OtterEnglish_O
https://twitter.com/OtterEnglish_O

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

I'm with youの意味を表した図

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次