「No longer」の意味や使い方を例文付きでご紹介

no longerの意味を表した過去の時計の図

皆さんは「No longer」と言う表現をご存知ですか?

中学校や高校で習って、何となく知っているけど使い方や意味が曖昧な方は多いと思います。

直訳すると、「これ以上長くならない」なりますが、実は、「もう〜ない」と言う意味で使われます。

意外と便利な表現なので、ぜひ使い方を覚えて英会話の中に織り交ぜてみてください。

それでは、使い方を例文付きでご紹介していきます。

目次

「No longer」の説明

昔はそうだったけど今はそうではないといったニュアンスで使われます。

例えば、昔はその服を着ていたけど今はもう来ていないと言いたいときに、「I no longer wear that hoodie.」という風に使うことができます。

「No longer」を文章中のどこに入れるかで悩んだことがある方は下記を参考にしてみてください。

文中で一般動詞を使用している場合

動詞の直前に配置します。

例えば、goを文中に使って、「今まではあのレストランに行ってたけど今はもう行かない。」と言うニュアンスを伝えたい場合は、「I no longer go to that restaurant.」になります。

主語の後に「no longer」が入り、動詞が続きます。

文中でbe動詞を使用している場合

be動詞を文中で使用している場合は、「no longer」をbe動詞の後に配置します。

例えば、「私はもう学生ではない。」と言いたい場合は、「I’m no longer a student.」となります。

また、「もう~しない」と言いたいときに否定文にanymoreをつけて、「I won’t wear that hoodie anymore.」とも表すことができるのでぜひ使ってみて下さい!

「No longer」を使ったやり取りの例

Well, do you know where my black hoodie is that I bought in Tokyo?
えっと、東京で買った黒のパーカーがどこにあるか知らない?

I threw it away last month.
先月捨てたよ。

Oh my goodness, what’s wrong with you!?
えっ、なにしてるの!?

I am sorry. I just thought you no longer wear that hoodie.
ごめん。もうあのパーカーは着ないと思ってた。

「No longer」を使ってみよう!

本記事では、「No longer」の使い方を例文付きでご紹介しました。

意外と便利な言葉で、日常英会話でも使う機会があると思うので、ぜひ使い方をマスターして使ってみてください。

また、TOEICに特化した学習をしたい方や、オンライン英会話をお探しの方スピーキングを伸ばしたい方に向けて、それぞれ情報提供を実施しているため、ぜひそちらもご覧いただけると嬉しいです。

SNSアカウントのご案内

気になる点や試してみて欲しいコンテンツのリクエスト等ありましたら、お気軽にTwitterInstagramからお問い合せください。

英会話に役立つフレーズのご紹介英語の勉強方法(英検、TOEIC、英会話などなど)その他英語に関するお役立ち情報などを更新しています。

Instagram:
ID: @otterenglish_official
https://www.instagram.com/otterenglish_official/

X (旧Twitter):
ID: @OtterEnglish_O
https://twitter.com/OtterEnglish_O

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

no longerの意味を表した過去の時計の図

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次