「It’s not a big deal.」ってどう言う意味? 例文付きで使い方をご紹介

It's not a big deal.の意味を表した取引の図

「It’s not a big deal.」と言う表現を聞いたことがある方は多いのではないでしょうか?

僕自身もネイティブと会話をしている際に、時々「It’s not a big deal.」と言われます。

特に待ち合わせにちょっと遅刻してしまって、謝った時に言われることが多いです。

何となく意味を想像できたでしょうか?

本記事では、「It’s not a big deal.」の意味や使い方を例文付きでご紹介していきます。

目次

「It’s not a big deal.」の説明

「It’s not a big deal.」は「大したことじゃないよ。」と言う意味で使われます。

例えば、あなたの友人から「待ち合わせに10分遅刻しそうだ。」という連絡が入ったとします。

そんな時に「It’s not a big deal. Take your time.」で、「大したことじゃないよ。ゆっくりで大丈夫。」と伝えることができます。

他にも、大したことないことで大騒ぎしている人に対して「Big deal!」ということができます。

ここでのBig deal! という表現は間違えやすいのですが、「It’s not a big deal.」の意味で使われます。

また、「It’s no big deal.」も同じ意味で使えるので、使ってみてください。

「It’s not a big deal.」を使ったやり取りの例

(Prrrr…) Hello?
(プルルル) はい、もしもし?

Hello. I am sorry I am running 10 minutes late!
もしもし。ごめん、10分遅れる!

It’s not a big deal. Take your time!
大したことじゃないよ。ゆっくりで大丈夫!

「It’s not a big deal.」を使ってみよう!

本記事では、「It’s not a big deal.」の使い方を例文付きでご紹介しました。

Dealには取引という意味がありますが、今回ご紹介したように、大したことない、というニュアンスのフレーズとしても使えるため、機会があったらぜひ使ってみてください。

また、TOEICに特化した学習をしたい方や、オンライン英会話をお探しの方スピーキングを伸ばしたい方に向けて、それぞれ情報提供を実施しているため、ぜひそちらもご覧いただけると嬉しいです。

SNSアカウントのご案内

気になる点や試してみて欲しいコンテンツのリクエスト等ありましたら、お気軽にTwitterInstagramからお問い合せください。

英会話に役立つフレーズのご紹介英語の勉強方法(英検、TOEIC、英会話などなど)その他英語に関するお役立ち情報などを更新しています。

Instagram:
ID: @otterenglish_official
https://www.instagram.com/otterenglish_official/

X (旧Twitter):
ID: @OtterEnglish_O
https://twitter.com/OtterEnglish_O

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

It's not a big deal.の意味を表した取引の図

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次