[大人向け]クラウティとkimini英会話の違いを比較!どんな人におすすめ?

クラウティとkimini英会話などのオンライン英会話を表した画像

学研テキストが使用されているオンライン英会話のクラウティとkimini英会話にはどんな違いがあるのでしょうか?

どちらのサービスも、子供から大人まで幅広く対応しているため、どちらを選ぶべきか迷っている方も多いことでしょう。

お子様向けにクラウティとkimini英会話の違いを比較した記事は見つかりますが、大人向けに比較されている記事は意外と見つかりませんよね。

そこで、本記事では、クラウティとkimini英会話のどちらを使用するべきか悩んでいる方に向けて、

・クラウティとkimini英会話はそれぞれどんな人におすすめなのか?
・クラウティとkimini英会話の各機能の比較
・社会人の僕が両方のオンライン英会話を体験した感じた違い

などをご紹介していきます。

本記事を読むことで、どちらの英会話を使ってみるべきか判断するための材料となるため、ぜひ最後までご覧ください。

現在kimini英会話では、スタンダードPlusプラン、ウィークデイプラン、ウィークデイPlusプランへの申し込みで、通常なら10日間の無料体験期間が、30日間に延長されています。
もちろん、無料期間中に退会した場合は、費用は一切かかりません!
4月22日(月)までの限定キャンペーンであるため、興味がある方はぜひお早めに検討してみてください!

\[4月22日まで] 無料体験期間10日間→30日間に延長中!!/

リンクにアフィリエイト広告を使用している場合があります。

目次

クラウティとkimini英会話の概要

クラウティとkimini英会話はどちらも子供から大人まで、幅広い年齢層に対応したオンライン英会話サービスを提供しており、それぞれが独自の機能や特徴を持っています。

クラウティは、家族全員(最大6名まで)でアカウントを共有できる点が大きな魅力です。

一方で、kimini英会話は、英検対策や学習進捗管理機能(一部プランのみ)などが充実しており、より学習に特化した内容を提供しているイメージです。

どちらも、レッスンはフィリピン人講師によるマンツーマン形式で、学研のオリジナル教材を使用しています。

クラウティとkimini英会話を選択する際は、家族で共有して利用したいか、英検対策や学習の進捗管理、スピーキングテストによる定期的な実力測定などを求めているかによって異なります。

運営会社は、クラウティが株式会社ライトエデュケーション、kimini英会話が株式会社Glatsです。

[結論] クラウティとkimini英会話はそれぞれどんな人におすすめ?

結論としては、家族で楽しく学びたい場合や幼児がいる場合はクラウティ学習内容の充実を求める場合や英検対策が必要な場合はkimini英会話がおすすめです。

それぞれの理由を解説していきます。

クラウティがおすすめな人

クラウティでは最大6人までアカウントを共有できます。

オンライン英会話では、一度にたくさんのレッスンを受講できるコースを選択することで、割引が入ることが多く、コストを抑えながらレッスンを受講できます。

また、クラウティが提供している独自のAIを用いた英語学習ツール「TerraTalk」を登録した家族全員が使用できるため、レッスン時間以外でも英語力を伸ばすことができます。

レッスン時間が柔軟であることもメリットの1つであり、25分のレッスンを10分×2レッスンに分割して受講することも可能です。

これにより、忙しくても短い時間で集中して学習することができます。

注意点としては、教材の難易度が少し低く感じてしまう可能性があるため、一度体験をした上で有料プランへの移行を考える必要があります。

kimini英会話がおすすめな人

一方、kimini英会話では、アカウントの共有ができずに、一人一つのアカウントを作成する必要があります。

一人で使う場合は問題ありませんが、家族で使いたい場合はコストが高くなってしまうことでしょう。

kimini英会話の良い点としては、一部プランは対象外ですが、毎月スピーキングテストを受講できるため、自分の成長を確認することができたり、「kimini Plus」というシステムを使用することで進捗管理などを自動化できたりする点です。

また、英検対策用のコースも充実している点や、レッスンの進捗が引き継がれるため、学習の継続性を保ちやすい点も大きなメリットです。

レッスンの雰囲気としても、kimini英会話の方がクラウティよりも少し「しっかり」している印象を受けました。

反対に、クラウティは少し「ゆったり」していた印象です。

そのため、コストを抑えつつ家族でゆったりとレッスンを受講する場合はクラウティ実力アップを目指して個人で英会話を受講する場合はkimini英会話を選択することをおすすめします。

自分が英会話を受講する目的を明確にした上で、それを満たすことができる方を選択しましょう。

クラウティとkimini英会話の比較

ここからは、クラウティとkimini英会話の比較を見ていきましょう。

クラウティとkimini英会話の大まかな比較は下記の通りです。

スクロールできます
クラウティkimini英会話
講師の国籍フィリピンフィリピン
教材学研監修の無料教材学研監修の無料教材
無料体験8日間10日間
アカウント共有家族6人まで可能不可(1アカウント1名)
利用ツール独自ツール独自ツール
1クラスの時間10分もしくは25分25分
レッスン可能時間5時〜24時6時〜24時
レッスンの予約レッスン開始の30分前までレッスン開始の15分前まで
レッスン予約可能期間レッスン終了後24時間先まで一週間先まで
自習用サポートAIで学べるTerraTalkが使い放題で、レッスン外でも学習可能プログラムにのっとることで、教材選びの心配不要
スピーキングテストも利用可能
運営会社株式会社ライトエデュケーション株式会社Glats
公式ページへ移動する公式ページへ移動する

クラウティとkimini英会話の共通点

実は、クラウティとkimini英会話には、多くの共通点があります。

ここでは、両スクールの共通点をご紹介します。

定額制のプランがある

どちらのサービスも、利用者が予算や利用目的に応じて選べる定額制のプランを提供しています。

どちらも、16時しか受講できないものの、レッスン費用を抑えることができます。

クラウティの場合は、16時までレッスンを受講できるDAYSプランと、全時間帯レッスンを受講できる通常プランが下記のように用意されています。

月額料金(税込)受講可能回数(1日)受講可能時間
スタンダード7,150円25分1回もしくは10分2回5時から24時
プレミアム10,780円25分2回もしくは10分4回5時から24時
スタンダード・DAYS4,950円25分1回もしくは10分2回5時から16時
プレミアム・DAYS8,800円25分2回もしくは10分4回5時から16時

一方で、kimini英会話では、下記のように、定額のプランと回数プランが用意されています。

プラン名月額料金(税込)受講可能回数受講可能時間
スタンダードPlusプラン7,480円1日1レッスン6~24時
スタンダードプラン6,380円1日1レッスン6~24時
ウィークデイPlusプラン5,940円1日1レッスン平日9~16時
ウィークデイプラン4,840円1日1レッスン平日9~16時
回数制プラン月8回プラン:4,840円
月4回プラン:2,420円
月2回プラン:1,210円
月8回プラン:月8回
月4回プラン:月4回
月2回プラン:月2回
6~24時

クラウティの料金プランkimini英会話の料金プランを確認したい方はそれぞれ別記事をご覧ください。

講師がフィリピン人

次に、講師の国籍ですが、クラウティとkimini英会話では、どちらもフィリピン人です。

実はフィリピンは英語が公用語の一つであり、高いスキルと経験を持っています。

日本語を話せる講師はあまりいないため、もしも日本語と英語を混ぜながらレッスンを受講したい場合は、少し値段は上がりますが、日本人講師がメインの「ワールドトーク」を選択肢に入れることをおすすめします。

無料で使える学研監修のオリジナル教材

学研グループが監修した質の高いオリジナル教材を、どちらのスクールも無料で提供しています。

教材は講師から画面共有されるため、ダウンロードや購入の必要はなく、快適にレッスンを受講できます。

レッスン教材はkimini英会話の方が充実している一方で、クラウティでは、オセロなどで遊びながらレッスンを受講できるゲームレッスンが用意されています。

クラウティの教材kimini英会話の教材に関しても、それぞれ別記事でご紹介しているため、興味がある方はぜひそちらをご覧ください。

独自の通信システム

クラウティとkimini英会話は、Skypeなどの外部アプリを必要とせず、独自の通信システムを使用してレッスンを行います。

それぞれのオンライン英会話のプラットフォーム内で完結するため、別のツールに個人情報などを入力する手間が省けますし、快適にレッスンを受けることができます。

無料体験

どちらのサービスも無料体験を提供していますが、日数が異なります。

クラウティでは無料体験期間が8日間、kimini英会話では無料体験期間が10日間となっています。

特に、kimini英会話では、無料体験期間が30日間に延長されるキャンペーンが行われる場合も多く、長期間体験した上で有料プランに移行するかどうかを決めることができます。

注意しなければならないことは、無料体験を利用する場合に、両者ともクレジットカードの登録が必要である点です。

期間終了までに解約しなかった場合、自動で有料版に移行してしまうため、合わないと感じたらしっかりと退会手続きを行いましょう。

クラウティの無料体験kimini英会話の無料体験についての詳細はそれぞれ別記事でご紹介しているため、興味がある方はぜひそちらをご覧ください。

退会・休会方法の違い

クラウティとkimini英会話ではどちらも退会時にウェブ上で手続きを行う必要があります。

クラウティとkimini英会話の違い

ここまでは、クラウティとkimini英会話の共通点をご紹介しました。

ここからはクラウティとkimini英会話の主な違いをご紹介していきます。

レッスンの特徴

クラウティのレッスンは、ゆったりとしているイメージがあります。

また、家族メンバーごとにおすすめの教材を選択できる点や、複数人で同じ画面からレッスンを受講できる点など、全員で英語を楽しむことができるように設計されています。

特に、ゲームレッスンでは、英語を話す機会はそこまで多くないものの、楽しく遊びながら英語に慣れることができます。

一方、kimini英会話は、英検対策コースをはじめとして、しっかりとカリキュラムに沿ったレッスンを提供しています。

システムに従うことで、教材選びの手間を省くこともできるため、かっちりと英語を伸ばしたい方に向いていると言えるでしょう。

1契約で利用できる人数

先ほど数回触れましたが、クラウティとkimini英会話では、1契約で利用できる人数が異なります。

クラウティは1つの契約で家族6人まで利用できる一方で、kimini英会話では1契約につき1名のみの利用となり、家族で利用する場合はそれぞれ契約が必要です。

受講可能時間

クラウティの通常プランは基本的に5:00〜24:00の間でレッスンを提供しており、日中忙しい社会人や学生でも夜間に柔軟にレッスンを受けることが可能です。

一方、kimini英会話の通常プランは6:00〜24:00の時間帯でレッスンを提供しています。

通常プラン、DAYSプランともに、受講可能時間は両者でそこまで大きく変わらないため、こちらは気にしなくても良いのではないでしょうか?

レッスン予約可能期間

クラウティでは、レッスンが終了した次の日の分までしか予約を取ることができません。

一方で、kimini英会話では一週間先までレッスンを予約できます。

1クラスのレッスン時間

クラウティでは1クラスのレッスン時間を10分と25分から選ぶことができます。

例えば、スタンダードプランを契約した場合、10分のレッスンを2回受講するか、25分のレッスンを1回受講するかを選択できます。

1回でまとめて受けた方が合計で5分間伸びるためお得ですが、時間があまり取れない方は10分のレッスンを2回に分けるようにしましょう。

一方で、kimini英会話では、大人向けのレッスンは25分のみ(幼児コースは15分)用意されています。

自習用のサポート機能

クラウティではAI学習ツールの「TerraTalk」が使用できます。

一方で、kimini英会話では、プランにもよりますが、定期的に実力を測ることができるスピーキングテスト学習進捗を管理してくれるkimini Plusといった機能を活用し、レッスン時間外でも自主学習をサポートしています。

社会人の僕が両方のオンライン英会話を体験した感じた違い

クラウティとkimini英会話を無料体験した違いとして一番大きいものは、「レッスンの雰囲気」の違いです。

クラウティではゲームレッスンなどを提供していることもあり、比較的「ゆったり」とした雰囲気でのレッスン進行でした。

一方で、kimini英会話は、「学校の面白い英語の授業をスピーキング版に変更したもの」のようなイメージです。

どちらも独自の通信システムがあるため、快適にレッスンを受講することができました。

ただし、クラウティとkimini英会話を比較したときに、kimini英会話の方が難易度は高めでした。

特にクラウティのゲームレッスンでは、楽しかったものの、あまり「英会話」をする機会がなく、英語を話す、という面で見ると少し消化不良となっていました。

そのため、少しずつ英語への苦手意識をなくしたい方はクラウティのゲームレッスンと通常レッスンの組み合わせ、しっかりとしたカリキュラムにのっとって着実に英語力を伸ばしたい方はkimini英会話がおすすめです。

クラウティの無料体験kimini英会話の無料体験の感想をそれぞれの記事でまとめているため、興味はある方はぜひそちらもチェックしてみてください。

ちなみに、レッスン時間全体を通して英語を話すのが難しいと感じる方は、日本人講師がメインの「ワールドトーク」「スモールワールドオンライン英会話」がおすすめなので、ぜひそちらもチェックしてみてください。

クラウティとkimini英会話の比較に関するQ&A

それでは、最後にクラウティとkimini英会話の比較に関するQ&Aを確認していきましょう。

英検対策コースはありますか?

クラウティとkimini英会話ではどちらも英検対策コースを用意しています。

ただし、kimini英会話のコースの方が充実しているため、英検取得を目指している方はkimini英会話を活用しましょう。

また、日本人から英検対策の指導を受けたい方は、TOEICや英検などの資格試験に特化したオンライン英会話「桐原オンラインアカデミー」もおすすめです。

ぜひチェックしてみてください。

休講日に違いはありますか?

両者ともに、祝日や年末年始など、講師の都合によりレッスンが受けられない日がある可能性があります。

そのような場合は、公式サイトやアプリ内のお知らせで事前に告知されるため、気になる方はそれぞれの英会話の公式ページを確認しましょう。

レッスンのキャンセルポリシーはどうなっていますか?

クラウティとkimini英会話は、どちらもレッスンの30分前までキャンセル可能です。

自分の目的に合わせてどちらかを決めよう!

いかがでしたか?

今回はオンライン英会話のクラウティとkimini英会話の違いについてご紹介しました。

両者の違いをしっかりと把握して、自分に合うものを選択しましょう。

特に、今回比較したクラウティとkimini英会話はどちらも十分な無料体験期間が用意されているため、興味がある教材や様々な講師を試した上で、有料プランに移行する前に、自分に合ったものを選択しましょう。

まずは興味がある方のオンラインスクールを体験してみるところから始めませんか?

それぞれのオンライン英会話の公式ページには下記から移行できます。ぜひ気になる方をチェックしてみてください!

SNSアカウントのご案内

気になる点や試してみて欲しいコンテンツのリクエスト等ありましたら、お気軽にTwitterInstagramからお問い合せください。

英会話に役立つフレーズのご紹介英語の勉強方法(英検、TOEIC、英会話などなど)その他英語に関するお役立ち情報などを更新しています。

Instagram:
ID: @otterenglish_official
https://www.instagram.com/otterenglish_official/

X (旧Twitter):
ID: @OtterEnglish_O
https://twitter.com/OtterEnglish_O

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

クラウティとkimini英会話などのオンライン英会話を表した画像

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次